日本試験機工業会

HISTORY

歴史ある工業会

1.設立1940年 70年以上の歴史を持つ伝統のある工業会です。
2.試験機事業を通して社会の安全、安心に貢献し続けます。
3.常に新しい技術、分野に挑戦し続けます。

1940 商工省の要請により「全国材料試験機工業組合」が設立された。
1948 激動の戦後の変遷を経て、「試験機工業会」と改称し再発足した。
1950 エリクセン試験機の日本工業規格の原案作成の委託を受け、
以後試験機に関するJISは、引き続き原案を作成している。
1960 品質管理向上に試験機の需要高まる。
1974 「日本試験機工業会」と改称した。
環境試験装置メーカーが多数当工業会に入会した。
1977 海外市場調査団を中南米に派遣し以後、海外市場調査を積極的に実施している。通産省の要請により、ISO国際会議に委員を派遣以後毎年継続している。
1983 環境に関する技術用語集を作成以後、試験機に関する調査報告書の作成に取りくんでいる。
1991 日本試験機工業会主催の第1回総合試験機器展を開催した。(TEST1991)
1997 第4回総合試験機器展「TEST '97」が東京ビッグサイトへ会場を移し開催された。
1998 日本試験機工業会創立50周年
1999 第1回力学量標準トレーザビリティ・ワークショップを開催した。
2001 TEST2001「未来につなぐ試験と計測」をテーマに第6回総合試験機器展を開催した。
2002 中国に視察団を派遣し、我が国から企業進出している環境試験装置の工場見学や、中国の市場動向と投資環境を調査した。
2003 TEST2003「未来につなぐ試験と計測」をテーマに第7回総合試験機器展を開催した。

IEC/TC104国際会議の企画・運営に貢献した。
2004 第6回力学量標準トレーザビリティ・ワークショップを開催した。
2005 TEST2005「未来につなぐ試験と計測」をテーマに第8回総合試験機器展を開催した。

活性化答委員会を発足させ当工業会の改革に着手した。
2006 「日試工活性化方策答申書」作成。新体制での出発。

広報誌「TEST」創刊。
2007 計量振興会館より神田司町へ事務所を移転
2008 9月19日 第1回JTM関西セミナーを開催
2009 TEST2009「未来につなぐ試験と計測」をテーマに第10回総合試験機器展を開催した。
2010 日本試験機工業会創立70周年

第2回JTM関西セミナーを開催
2011 TEST2011「未来へつなぐ試験と計測」をテーマに第11回総合試験機器展を開催した。
また、展示会初日には、日本試験機工業会創立70周年記念式典を開催した。
2012 第3回JTM関西セミナーを開催
2013 材料試験技術委員会に新しく「校正分科会」を設置し、別途展開していた校正活動への取り組みを強化した。

TEST2013「未来へつなぐ試験と計測」をテーマに第12回総合試験機器展を開催した。
2014 「総合企画運営委員会」を「企画委員会」と改称し再編した。

「経営・労務委員会」を廃止し、新たに「総務委員会」を設置した。

第4回JTM関西セミナーを開催
2015 TEST2015「未来へつなぐ試験と計測」をテーマに第13回総合試験機器展を開催した。

第1回ヒューマンスキルセミナーを開催した。

NITEの外部プロバイダーとしてJCSS技能試験(ビッカース硬さ)を実施した。
2016 第1回施設見学会(東京都立産業技術研究センター)を実施した。

第2回ヒューマンスキルセミナーを開催した。

広報誌TEST Vol.40(10周年記念号)を発行した。

第2回施設見学会(防衛装備庁 航空装備研究所)を実施した。

第3回ヒューマンスキルセミナーを開催した。

第5回JTM関西セミナーを開催